ムーミンの水浴び小屋、完成。

JUGEMテーマ:ムーミン

 

やっと完成しました!

ディアゴスティーニの『ムーミン水浴び小屋』です。

 

 

埃除けに、ケースも作ってみました。

 

 

 

塩化ビニル板をサイズに合わせて切りまして、3M Scotchの超透明テープで

ぺたぺた貼り合わせました。↓

 

 

 

すごいな。3M!本当に、超透明!

 

底板には、アクリル板を2枚、貼り合わせました。

 

透明な板に、アクリル絵の具で着色。

本当は、その上から、グロスポリマーメディウムとか、ジェルメディウムとかで、

水面を表現したかったのですが、

その上に小屋を置くと、貼り付いて剥がれなくなりそうだったので、断念しました。

 

 

作りかけた水面の方を下にして、乳白色のアクリル板に接着。

ま、これはこれで。(←いつものことだけど。)

 

 

 

 

 

 

 

ディアゴさん、追加分にもケース、作ってくれれば良かったのですが。。。

 

 

結局、本体のケースの上しか、置くところが見つからず〜。

 

 

 

 

んー。水浴び小屋の制作よりも、ケースの制作の話ばっかりになってしまいましたネ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連れ合いの誕生日なので。

 

ケーキを焼いてみました。

滅多にやらないんですが。

(この世のものとは思えないものが出来上がることがよくあるもので。)

 

今回はまぁ、食べられます。(笑)

 

 

ビクトリア女王がお好きだったという、ビクトリアケーキ。

 

硬めのスポンジケーキの真ん中に、ベリー系のジャムを挟んで、

上面に粉砂糖をふるったスウィーツです。

 

この時期は、庭でとれたジューンベリーをジャムにしたものがあったので、

それを使いました。

 

苺ジャムでも、ラズベリージャムでも良いようです。

キルシュというさくらんぼの蒸留酒でジャムを溶き伸ばして塗ります。

 

バターと砂糖が同じくらい使われていて、

カロリーは、8等分しても1ピース、379キロカロリー。。。(ぶほっ!)

 

美味しいものは脂肪と糖でできている。ってコマーシャルがあったなー。

 

本に書いてある通り作っても、本と同じように美味しいかどうかは謎ですが、

おそらくカロリーは同じだけあると思われ。。。

(何しろ材料は分量通りなわけですから)

 

 

 

ちなみに、連れ合いへの誕生日プレゼントは、うんこ漢字ドリルです。

リクエストだったので。

 

 

 

 

 

 

可愛い映画。

 

その監督の映画で、最初に見た作品は、『デリカテッセン』。

 

肉屋さんがねー。仕入れのために、子供をねー。(笑)

 

ここまでで、まぁ、察していただけるかと思う内容の映画なんですが、

とても楽しい映画体験だったんです。

 

ジャン=ピエール・ジュネ監督。

 

次に見たこの監督の映画は、『アメリ』。

これはもう、天下の大ヒット作だったと思います。

 

 

主演のオドレイ・トトゥの可愛かったこと!

アメリの住む部屋のインテリアの可愛かったこと!

クリーム・ブリュレなんて、洒落たお菓子なんざ、当時は知りませんでしたさ!

この映画を見るまでは。

 

でも、この監督の映画で、一番好きなのは、『ロング・エンゲージメント』。

 

 

これも主演は、オドレイ・トトゥ。

とにかく、こんな可愛い、お洒落な演出は、日本人には絶対無理!!と思ったのが、

灯台での一夜のシーン。

彼が蝋燭をつけては、彼女がそれを吹き消す、その度に、彼女の服が一枚ずつ薄くなる!

なんて可愛い!愛おしい、愛くるしい!

 

 

 

そんなわけで、オドレイ・トトゥ!を鉛筆画で。

 

(大竹しのぶさんじゃありませんよ。オドレイ・トトゥです!)

 

あー、最近、可愛い映画ってなかなかないなー。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4つの『百』の話。

JUGEMテーマ:自分が読んだ本

 

 

亡くなってから、もう随分たつんですが、今でも、杉浦日向子さんの著書が大好きです。

 

特に、『物語』と『日紅』。

 

自分が、どこかの病院で、天井眺めて、最期の時を待ちながら時間を過ごすとなった時、

全ての持ち物を処分しても、この本は、枕元に持っていたいと思うんです。

 

初めて出会った時は、独特の画風に、

 

『何これ?ヘタウマ?』

 

と思ったのですが、何度繰り返し読んでも飽きず、

というより、読むほどに、味が出て。。。スルメの話じゃないですけどもね。

 

子供の頃、祖母に付き合ってテレビの時代劇を嫌というほど見て育ちましたので、

『江戸時代』には、古臭いベタなイメージしかありませんでしたが、

杉浦日向子さんの描く『江戸』は、そこに生きる人の、『今』感覚があって、

自分が『知っていると思い込んでいた江戸時代』なんかと、全然違っていました。

 

『百日紅』は、アニメ映画にもなって、女優の杏さんが、主人公のお栄さんを

演じていましたっけ。

 

お栄さんが陰間茶屋で見る夢のシーンが、忘れられないんです。

巨大な仏が、人なんぞ目に入ってない様子で前進するのを見上げるところ。

 

これこそ、身も蓋もない現実じゃないか!

 

と、心の奥に、クサビを打たれたシーンでした。

つまらないことで悩むと、いつも、このシーンが頭をかすめるようになりました。

自分が、アリンコになったような気持ちになり、アリンコは、神様とか仏様とか、

信じてるのかしら?と思い、いたとしても、きっと、こっちのことなんぞ

気にも留めてないんだろうな。と思う。

 

自分の悩みは、アリンコの悩み。。。

 

そう考えると、何もかも、馬鹿バカしく思えてくるのです。

 

そういうロジックを、こんな短い、ほんの数コマで表現できてしまう、

杉浦日向子さんは、やっぱり、天才だったんだなぁ。

 

 

 

 

さて、話は変わりますが、ずっと昔、内田里気鵑痢悒汽薀機璽討糧廖戮箸い小説を、

読みました。

 

なんというか、モヤッとした読後感が残る、不思議な感じの話で、

 

目の前で、ふっと蝋燭が吹き消されるような、狐か狸に、してやられたような。。。

 

 

そういう感覚をずっと持っていたのですが、

 

それと全く同じ感覚を味合わされたのが、今市子さんの『鬼夜行抄』でした。

 

 

高校生だった主人公の『律』くん。初出は平成六年!

もう26年経つのか。。。26年かけてまだ大学生か。。。

 

 

(いやいや、そんなこと言ったら、名探偵コナンくんなんか、小学生にされたきり、

 何十年経ったんだ。。?)

 

 

こっちは、今も、単行本待ちの日々。

 

中毒性がある、危険な本ですよ!

 

多分、今市子さんが描き続ける限り、

こっちも生きて、出費できる限りは、

買い続け、読み続けちゃうんだろうなぁ。。。

 

 

 

 

 

ガラス瓶が『涼しそう!』な気がする今日この頃。

JUGEMテーマ:色鉛筆画

 

蒸し暑い日が始まって、涼しげなものを探してしまう今日この頃。

 

ガラスの清涼感に惹かれて、久々に色鉛筆を握ったのですが。。。

 

 

なかなか、思い通りというわけにいかないものです。。。

 

ま、これはこれで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合わせ鏡の回廊。

 

ドアのミニチュアを作ってみました。

 

 

 

 

 

ちょっと開けてみます。

 

 

 

 

 

 

このドアの向こうに行くには、灯りを消さねばなりません。

 

このドアは、暗闇の中で覗くと、どこかに繋がるらしいのです。

 

 

 

 

 

 

電気を消してみました。

 

 

 

 

 

 

 

何処かには、繋がっているようですが。。。。

 

 

 

 

 

もしかすると、時空を超えて、過去や未来にも。。。。?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チープなほっこり。

 

 庭先に、『桃色昼咲き月見草』が花ひらく季節になりました。

 

 

なーんにもしなくても、春先にむくむく生えてきて、勝手に咲き乱れてくれる花です。

めちゃめちゃ逞ましい!!
肥料とか、植え替えとか、面倒がなくて、大好きさ!

 

うちの庭は、越してきた時こそ、頑張っていろいろ植えましたが、

私のモチベーションが続かないので、自力で頑張れるモノだけが、

好きなように生えている状態になりました。

 

雑草ガーデン。

今年はナガミヒナゲシさんも参加してくれました。

 

頼んでないのに、アメリカフウロさんも、駆けつけてくれました。

 

ペラペラヨメナさんも、どっからか入り込んで、勝手に繁ってます。

 

去年まで幅をきかせていたヒメツルソバが、今年は圧されている!

 

ワスレナグサなんか、もう影も形も。。。

 

もうちょっと暑くなると、ネジバナさんもお出ましのハズ。

 

 

あるがままの放置庭ですが、これはこれで、興味深いです。

次は何が生えてくるやら。。。

 

 

 

 

チープな楽しみをもう一つ。

 

 

 

ラム酒の瓶が可愛かったので、空瓶に

100均で買ったラズベリーの造花を挿してみました。

 

これを机の上に飾る。

 

それだけなんですが、気持ちが潤います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掃除の功名。

ここのところ、年末にできなかった大掃除をしています。

 

どうせ、お外に出れないのなら、せめて、家なかの居心地を改善したい。。。

普段しない拭き掃除とか、目に入らないことにしている収納の見直しとか。

 

 

本当は一番嫌いな家事。『掃除』

 

 

しかしまぁ、本格的に暑くなる前に、ちょっとやっておこうかと、

重い腰をあげたところ、

 

数年前に作って、放置して、埃まみれになっていたプラネタリウムを、発掘!

 

 ジャジャーン!  これです!!

 

            ↓

 

埃を払い、電池を変えて、夜を待ちました。

 

 

それでは、消灯!

 

 

 

おお〜!

これは、なかなか。。。!!

 

15分で、一回りして、電源がオフになる機能付き。

 

 

忘れていたお宝の再発見は、掃除のご褒美ということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小人閑居して。

明日から世間はゴールデンウィークですが、

もともとステイホームな生活の自分は、通常運転継続中。

 

天気がいいと、大物の洗濯でもしようかという気になります。

カーテンとか、そろそろしまおうかと思っていた毛布とか。。

 

ミシンを出してきて、マスクを作るのもいいかも。

普段しないところの拭き掃除も、ある意味気分転換になります。

 

そんなことをつらつら思いながら、結局、生活の役には立たないものを

ぶら下げてみたり。。。  ↓

 

 

 

ここに、ハリーポッターに出てくるような、真っ白いフクロウを羊毛で作って、

飾ったらどうかしら?

と、しょうもないことを妄想中。

 

そういえば、NHKの『グレーテルのかまど』という番組の、キッチンのインテリアが

前から気になっていたのですが、確か、フクロウもいたような。。。?

 

瀬戸康史さんの甘いマスクと、鈴の音のような木村緑子さんのお声が素敵なスイーツ番組。

再放送が多くて、なかなか新作にお目にかかれないけれども、好き。

 

。。。と言って、紹介されているお菓子を作ってみたりはしません。

(この世のものとは思えない物が出来上がるので。)

 

結局、時間があっても、ためになるようなことはしないもんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーダー作品 『ミス・デーコ』

JUGEMテーマ:作品発表!!

 

羊毛フェルト  オーダー作品#3 『ミス・デーコ』

 

 

『毬とミス・デーコ』

 

 

 

 

『夜桜デーコ』

 

 

 

 

『あの人と、同じ空の下。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜雪見。

毎日気の滅入る報道ばかり流れてきますが、今日は雪。

どっち道、外出が難しいお天気で、いっそ、巣篭もりを楽しむ方向で。

 

とはいえ、生活必需品の買い出しは、必要なもので、

雪の中を散歩がてら、近所のスーパーまで、行軍してきました。

 

 

桜に雪。

ここ数年、なんとなく定着した風景。

昔はあり得なかった取り合わせですが。

 

花冷えとか、花曇りという綺麗な日本語がありましたが、

これからは『桜雪』というのも、日本語として定着しそうですね。。。

 

それにしても、今年の桜は、なんとなく哀しく見えます。

 

 

ま、こっちの気の持ちようなんでしょうがね。

ロールシャッハみたいなもので、投影された自分の心のありようなのでしょう。

 

こういう時は、花より団子。

 

 

 

生きてることを楽しむ、手っ取り早い方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

雨のタペストリー。

雨の日は、なぜか、サティの音楽が聴きたくなります。

グノシエンヌとか、ジムノペディとか。

 

しとしと降る雨。外に出られず閉じ込められている感じ。

なんとなく憂鬱で、つまらない考え事ばかりつらつらと心に浮かんで消える、

煙のような捉えどころのない、不安、疑念、不満、不条理。。。

そういう気持ちに、ピタッと来る感じがするのです。

 

そんなモヤモヤした気持ちを、音楽が代わりに吐き出してくれると、

なにか洗い流された気持ちになります。

 

 

あたたかい紅茶でも入れて、ジャムをたっぷり落として、

お気に入りの本でも読みながら、のんびり過ごす。

 

 

 

そんな雨の日を、窓に置いておきたくて、

ビーズで、タペストリーを作ってみました。

 

 

 

チェコビーズのファイアポリッシュ、オーロラのビーズと

スワロフスキーの雫ビーズを組み合わせて。

 

 

 

 

 

雨の雫に閉じ込められている、虹を楽しんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋の中の小宇宙。

実家に暮らす母と、同居となった時のために準備したのですが、

今は私の巣となっている部屋がありまして。

その天井に、ちょっとした仕掛けがあるのです。

 

昼間の天井はこんな感じ。↓

 

 

電気をつけると、こんな感じ。↓

 

 

そして、電気を消すと、こうなります。↓

 

 

蓄光性の塗料で描かれた星空の壁紙を、天井に使用しまして。

とても気に入っているのですが、照明器具の部分が、ブラックホール。。。

 

10年使った照明器具なので、もういいかな。。。失敗しても。と、

思い切って、遊んでみました。

 

蓄光塗料と、トレーシングペーパーと、月のポスターを準備して、電気のカバーに、

月面図を写し取り、ヌリヌリ。。。

 

 

 

で、こんな感じに!   ↓

 

 

 

この部屋で眠る時は、灯りの消えた後の数秒間、小宇宙に漂う楽しみを味わえます。

 

ほっこり。ZOO展、無事終了しました。

吉祥寺、錆猫ギャラリー様にて開催されておりました、

「ほっこり。ZOO」展、おかげさまで、

16日に無事終了いたしました。

足をお運びいただいた皆様、作品をお迎えいただいた皆様、

ありがとうございました。

 

また、作りためて、どこかで披露できたら、幸いです。

 

大人の修学旅行。広島へ行ってきました。

この頃、新型コロナウィルス肺炎の連日の報道で、すっかり閑散としている観光地ですが、

相方と、だいぶ前から予定していた広島旅行に行ってきました。

学生時代の修学旅行は、なぜか、いつも、京都奈良。

広島を訪れる機会には恵まれぬまま、こんな年に。。。

 

というわけで。

 

新幹線で、福山まで、在来線で、尾道へ。

 

尾道といえば、大林宣彦監督の三部作。

『転校生』の小林聡美さん、脱ぎっぷりがステキで、

あれからずっと、大好きな女優さん。

 

それにしても、なんとものどか。

来たことがない筈なのに、懐かしい気がする風景をパチリ。

 

 

お昼に、駅そばのお店で食べた生牡蛎が絶品でした!

 

 

海岸沿いを散策して、ロープーウェイの展望台からパチリ。

 

 

展望台では、撫でさせてくれる猫にも出会いました。

なかなか個性的な模様。。。

 

 

下りは歩いて、猫の小道なるところをフラフラ。

戦利品は、猫雑貨のルシャットさんで買った、猫マフラー。

 

残念ながら招き猫美術館は開いてませんでした。

 

帰りは、商店街の通りを駅に向かって、歩きましたが、

すっごい昔ながらのおもちゃ屋さんがありまして、箱が焼けて変色した

古〜いオモチャが陳列されていて、いい感じでした。

オモチャに詳しい人なら、すごい掘り出し物とか見つけられるかも。。。

 

美味しそうなレモンケーキもお土産に買いました。

 

尾道から、在来線で、呉へ。

駅近のホテルで一泊。

 

2日目は、相方の希望で、まる一日、呉を満喫。

 

まずは、大和ミュージアム。

大迫力の1/10戦艦大和。のお尻。

 

 

 

零式戦闘機もありました。

ミュージアムショップでTシャツ購入。

ライブラリーにも寄り道。

『この世界の片隅に』をパラパラ。

 

お次は、てつのくじら。

 

 

掃海艇の展示階では、かつて実際に、湾岸へ掃海作業に出向かれたという、

海上自衛隊の方から、貴重なお話が聞けました。

 

自衛隊の法律的な位置付けとか、ムヅカシイコトはさて置き、

実際にご苦労された方を目の前にすると、自然と頭が下がります。

 

でも、こういう庶民感情を政治家さんたちに政治的に利用されるのは、やっぱり嫌なんですけどね。。。

 

 

お昼は、呉ハイカラ食堂さんの潜水艦そうりゅうの鉄板カレー!

甘くて、ご家庭の味に近いカレーで、美味しかったです。

とにかくボリューミー!!

 

 

久々食べた、くじら肉が嬉しかった〜。

子供の頃、給食で、このなかなか噛み切れない肉と格闘した記憶が蘇りました。

 

クルーズ船で、港内の自衛隊艦船を観船♪

ガイドさんがいろいろ解説してくれます。

 

 

ただ、この季節がら、船上吹きっさらしは、メチャメチャ寒かったです。

手がかじかんで、スマホ落としそうになる。。。

 

 

艦船は港側からも、結構間近で、見られました。

 

呉から広島へ。

広島市内のホテルで一泊。

 

最終日は、平和記念資料館へ。

 

リニューアルされた展示を拝見。

順路通りゆっくり丁寧に見ていくと、大体同じ頃合いで、皆、鼻をすすり始めるのです。

建物疎開で作業に動員されていた子供達の遺品や、一人一人、辿った運命の顛末などが、

プレートに説明されていて、涙腺が崩壊するのが、多分、皆さん、

同じ頃合いのタイミングなのです。

 

日本は自然災害が多い国。それだけでも、いっぱいいっぱいじゃないですか。

戦争なんて。

この上、人間が自ら禍を巻き起こして、どうするよ。と思います。

 

展示見学の後に、被爆体験の伝承講話を聞きました。

75年経って、実際に体験された方が直にお話しされることは、困難になってきているので、

次の世代が、代って語り継ぐことが始まっていました。

 

建物を出て、外の空気を吸いながら、平和記念公園を相生橋に向かって歩くと、

原爆ドームが見えてきます。

 

 

今ある平和を、享受していることに、改めて感謝。

 

もちろん、お昼は、お好み焼きをいただきました!

店内はカープの選手のサイン色紙がいっぱい。

そもそも、野球詳しくないので、『へー。。。』としか、でしたが。(すンません)

 

路面電車で広島駅へ。

 

ちょっとレトロな感じの車両も走ってました。

 

 

そして再び、新幹線で。

。。。いつもの日々へと帰還したのでした。

 

 

 

2月1日〜16日 吉祥寺、錆猫ギャラリー様にて『ほっこりZOO』展!

JUGEMテーマ:展覧会の告知をしよう!

 

こんな子たちが、お出迎えです。↓

 

 

 

 

お立ち寄り、よろしくお願いいたします〜。

吉祥寺、錆猫ギャラリー『ほっこりZOO』展!

JUGEMテーマ:展覧会の告知をしよう!

2月1日〜16日、吉祥寺の錆猫ギャラリー様にて開催されます、

『ほっこりZOO』展!参加させていただきます。

マヌルネコの羊毛フェルト人形、出動!

がりがりくん展、ご来場、ありがとうございました。

1月5日から19日で開催されました、浅草のアトリエコメット様の

年賀状&がりがりくん展。

無事終了いたしました。

ご来場いただいた皆様、お買い上げいただいた皆様に、お礼申し上げます。

 

さて、次は、2月1日〜16日の吉祥寺、錆猫ギャラリー様にて、

ほっこりZOO展に参加させていただく予定です。

こちらも、よろしくお願いいたします〜。

 

 

 

 

レッサーパンダ作ってみました。

JUGEMテーマ:作品発表!!

 

明けましておめでとうございます。

 

遅ればせながら、新年のご挨拶をば。

 

良いお年となりますように。

願いを込めて。

メリークリスマス。

2020年1月5日〜19日「がりがりくん」展。浅草アトリエコメットさんにて。

JUGEMテーマ:展覧会の告知をしよう!

 

2020年1月5日〜19日「がりがりくん」展。浅草アトリエコメットさんにて開催です。

羊毛フェルトのハリネズミを展示販売いたします。

 

 

 

リアル系も3体、ご用意しました。

 

2020年1月5日〜19日、『がりがりくん』展。

浅草アトリエコメットさんへ、足をお運びいただければ、幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

来年は子年。

宣伝します。

 

閑古鳥が鳴いてるブログで、誰も見とらんのに、宣伝して、どうなるもんでも無いがなー。(笑)

 

2020年1月5日〜19日、浅草のアトリエコメット様にて開催される

『年賀状&がりがりくん展』に参加させていただきます。

 

ハリネズミの手のひらサイズ羊毛フェルト人形、

出品します。

こんな感じです。 ↓

 

 

 

 

以前作った、ハリネズミルクパンも、10個用意しました。

 

 

 

保管棚がいっぱいになってしまったので、出来れば売れてほしい。。。

 

 

というわけで、浅草、アトリエコメット様へ、足をお運びいただければ、幸いです。

 

以上。宣伝でした。

100均材料で工作。

 

100均で買ったポプリとローソク芯、耐熱ガラスのプリン容器と、

手持ちのパラフィンで、なんとなく、ローソク作ってみました。

 

 

実用性はかなり疑問なので、火はつけずに雑貨としてトイレに飾ってます。

 

 

 

後ろの茶色い箱は、デコパージュやステンシルに使う木工木箱に、

アクリル絵の具を塗りたくって、100均の透かしパーツを接着剤ではりました。

カルトナージュとかできる人なら、革風の布を貼って、いぶし銀の透かしパーツと

組み合わせても素敵かも。

 

何の役にもたたんけど、工作、楽しい!

 

 

 

 

 

 

 

人工結晶 ビフォスファマイト。

 

お子様用の理科実験キットで作った人工結晶ですが、結構楽しめました。

 

 

 

 

記憶の中の香り瓶。

昔、世の中がバブルだった頃、誰かからもらった香水で、

とても好きだった香りがあったのですが、

はじけてこのかた、香水なんぞとは無縁の生活。

 

6角形か8角形の瓶で、花柄の浮き彫りのあるガラスの小瓶。

うす紅色で、ほのかな薔薇の香りと、なぜか、

ベビーパウダーの可愛らしい香りがしたことも記憶に残っていました。

ブランド名も香水の名前も失念してしまい、取ってあったと思った小瓶も、

見つからずじまい。

 

 

 

それが、最近、なんとなく検索していた『香水瓶』で、ヒット!

 

 

 

これでした。↓

 

 

ジャン・シャルル・ブロッソのオンブルローズ。

おフランスの香水でした。

 

記憶の中の昔好きだったもの。

いつの間にか、手放してしまった、懐かしいモノ。

 

思わず、購入してしまいました。

 

もうこれをつけて行くような場所もないし、

この香りが似合う歳でも無くなってしまったんですがね。

 

一度、販売終了してしまい、いま出回っているのは復刻版だそうで、若干、当時の成分とは

内容が異なるらしいのですが、

私ごときの鼻では、十分、昔のままの香りに感じます。

 

あの頃、似合いもしない服を買って、結局、ほとんど袖を通さず、

年下のいとこに譲ったローラ・アシュレイのワンピースとか。

アルバイトして貯めたお金で買った、パステルカラーのニナ・リッチのお財布とか。

懐かしい香りとともに、色々思い出しました。

 

どこにも行かない日、少しだけ、手首につけて、

自分だけで楽しむというのも、ありですね。

 

 

 

 

 

 

東京ジャーミーに行ってきました。

梅ヶ丘のギャラリーさんで、好きなフェルト作家さんの作品が生で見られる機会がありまして、その帰りに、せっかく代々木上原で乗り換えなので、ちょっと駅を出て、以前から訪ねてみたかった東京ジャーミーへ行ってきました。

トルコの職人さんたちが作った、素敵なモスクです。

2階の礼拝堂。ステンドグラスやカリグラフが美しい。


誰でも見学させてくれます。



礼拝の時間が終わって、丁度、人がはけた頃合いに見学できました。



2階の礼拝堂の隅の螺旋階段を上ると、ロフトの様なスペースが女性専用の礼拝場所になっていて、その天井も美しい!

1階には色々な催しに使われるホールと、受付やショップがありました。

そしてやっぱり、こういうものに惹かれてしまい、購入。。。




細工が細かくてキラキラしてると、なんか、くすぐられてしまうカラスな体質です。
このエキゾチックな感じがまた、堪らないんですよ。。。中は日記帳っぽいノートなのですが、
勿体無くて、多分、使えないです。

綺麗なものを見ると、幸せになります。

 

オーダー作品『アキちゃん』

 

 

 

 

マヌルネコ仔猫の羊毛フェルト人形。

 

JUGEMテーマ:作品発表!!

 

マヌルネコの羊毛フェルト人形を作ってみました。

 

 

 

 

もうちょっと可愛くならんかのう。。。

画像加工して、もう一回、載せなおすかー。

色々、試行錯誤中ですー。

 

 

 

ちび黒ニャンコ作りました。

JUGEMテーマ:作品発表!!

 

さて、次は何作ろう。。。